Greetings 社長挨拶

福岡から発信する新しい宿泊の形を全国に広めていきます。

24歳で起業し東京で飲食事業・多言語翻訳事業を行ってまいりました。

30歳の時に福岡に友人と旅行に行ったのがきっかけで福岡を好きになりました。

それから1年間福岡での事業モデルを模索しリリースしたのが「Residence Hotel」です。福岡の深刻な宿泊施設不足の突破口として既存のマンションを宿泊施設に転用し運営する事業を開発しました。

これまで流行した1部屋毎の「民泊」ではなく、一棟丸ごと宿泊施設にする「Residence Hotel」はこれからの革新的な不動産活用方法として注力して行きます。

また、不動産再生事業としても宿泊施設は価値が高く、昨年開業した「HATAGO tenjin」は、少子化により廃業した専門学校を宿泊施設として復活させました。他には取り壊すしかない一棟ビルを2018年春に宿泊施設にコンバージョンし開業します。

2020年までに「Residence Hotel」タイプを1000部屋、「HATAGO」タイプを5棟の開業を目指します。

「想像力と企画力」でより快適な宿泊施設を企画・運営し、かつ地域社会に貢献する事業を展開します。